更年期障害で眠い

更年期障害の症状で眠い

更年期障害の症状で眠い状態が続く方がいます。例えば生理が始まる前の時期を思い浮かべてください。異様に眠たくなかったですか?それは女性ホルモンの仕業によるものでした。同じようなことが更年期を迎える女性にも起こるのですね。

 

それは女性ホルモンエストロゲンの量が減少して卵巣刺激ホルモンとうまくバランスを取ることができなくて乱れるからです。それが原因で更年期障害という様々な症状が起こるのですが、その一つに眠いというものがあります。眠くて眠くて仕方なくなると、いくら夜に眠っても日中ずっとやる気が出ない状態が続きますね。


更年期障害で眠いのを改善する成分

これを改善するためにはどうすればよいのでしょうか?例えば日中にウォーキングなど軽い運動を取り入れるという方法があります。また、睡眠前に毎日十分間ヨガをするようにすると更年期障害が改善されたという女性もいます。ヨガやストレッチは血行の改善にもとても効果を発揮するのでリラックスするのでしょうね。

 

またエクオールという成分が更年期障害の改善に役立つといわれています。この成分の名前はあまり聞いたことがないかもしれません。しかし、大豆イソフラボンという言葉なら聞いたことがあるでしょう。大豆イソフラボンは、更年期障害を改善したり女性らしさUP するとしてとても人気が高いものでした。

 

しかし、これを取りすぎると逆に女性ホルモンのバランスが乱れてしまうとして厚生労働省などでは取りすぎ注意の喚起がなされていました。エクオールというのは大豆イソフラボン由来のダイゼインいう成分がお腹の中で腸内細菌と反応してできます。大豆イソフラボンが更年期障害にとても有効だと今言われていましたが、厳密に言うと有効なのはエクオールだったのです。だから更年期障害の症状で眠いのが辛い方はエクオールをしっかり摂取すると良いでしょう。